2021年10月22日

ウェブ制作会社に入社したい!身につけておきたい二つのスキルとは?


ウェブ系の専門スキル

ウェブ制作会社への就職を目指すなら専門スキルを一つは持っていることが重要です。バックオフィスの事務職を必要としている会社もありますが、ウェブ制作会社で活躍したいなら開発を担うか営業職を担当したい場合が多いでしょう。どちらの場合にもウェブ系の専門スキルを持っていることが欠かせません。開発を担う場合にはエンジニアやコーダー、デザイナーやCGクリエーターなどのプロとして働けることが求められます。営業職の場合にはどれか一つについては経験があると顧客への提案に説得力が生まれ、契約を勝ち取りやすくなります。未経験でも可としている求人もたくさんありますが、経験はなくても専門スキルは求められていると考えた方が良いでしょう。

コミュニケーションスキル

ウェブ制作会社では他の業種に比べてもコミュニケーションスキルの要求度が高いのが特徴です。ウェブ制作会社では一人で一つの案件を担当してウェブ制作をすることはありません。大勢の専門スタッフが集まってウェブ制作をおこないます。プロジェクトを作ってチームで制作する現場もあれば、臨機応変に仕事を担当して作り上げていく現場もあります。どちらの場合にも他の専門スタッフとのコミュニケーションがなければ円滑に開発を進められないのは明らかでしょう。営業職の場合にもこの中に入り込み、クライアントの見解をインプットしたり、現場の状況をクライアントに話したりする必要があります。どの職種で働くとしても高度なコミュニケーションスキルが求められるのです。

コーディングとはHTMLをはじめとしたマークアップ言語や、Javaなどのプログラミング言語を使用してコードを記述していく作業を指します。システム開発やWebサイト制作の仕事に関わりたい人は習得しておきたいスキルです。

Previous post ちょっと待って!スマホ修理を依頼する前に注意したいポイント
Next post マーケティングオートメーションは機能で選ぶべき?コストパフォーマンスを考えよう!